PICK UP! 赤ちゃん絵本

地球がどんどんあたたかくなったせいで、溶けてしまったペンギンたちの氷のおうち。そこで、ペンギン家族は、引っ越しすることを決めました。

「もっと すてきなばしょが きっとある」

ペンギンかぞくのおひっこし


『ペンギンかぞくのおひっこし』刀根里衣、小学館、2017 amazon

氷のお船に乗って、出発進行! きれいな海があると聞いた南へと向かいます。しかし、そこにあったのは、前が見えないほど真っ暗な海。こんなところには、住めません。

さらに、東のほうの原っぱへ行っても、西のほうのお花畑へ行っても、住めそうにないところばかり。

ペンギン家族の引っ越し先を探す楽しい旅に、なるはずが……。

このちきゅうには ぼくたちのすめるばしょは もう なくなってしまったのかな?

ペンギンたちが、うきうきわくわく想像する、こんなところに住めたらいいなと思うような世界。

でも、実際に行ってみると、どこも環境が悪化していて、住むどころではありません。

希望あふれる美しい世界の後、それを打ち砕くような暗い世界が描かれているので、インパクトがとても大きく、読者の心に響きます。

「ペンギン」の主人公が「引っ越し」をするという親しみやすい設定や、難しい表現は一つも使われていない文章で、小さい子どもにも伝わりやすく、読者の年齢なりに、それぞれが地球環境について考えることができる絵本です。

家族や友だちと一緒に読んで、感じたこと、気づいたことを共有してみるのも、おすすめです。

にこっとポイント

  • 温暖化により氷のお家が溶けたため、新しい住み家を求めて旅をするペンギン家族のおはなしです。みんなが住みやすい地球環境について、自分なりに、考えてみたくなります。
  • 物語に登場する84羽のペンギンは、京都議定書に最初に署名した84か国を象徴しているそうです(巻末のメッセージより)。

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事