絵本で初笑い、いかがでしょう?

だじゃれ 十二支

『だじゃれ十二支』中川ひろたか文、藤本ともひこ絵、2016 amazon

「ねずみのぼうや おでかけのとき ママは ほっぺに キスしてくれる」― 「チュー」!

十二支の動物たちが、だじゃれで登場! リズムのよいことばにのせてくり出されるだじゃれに、親子でくすっと笑ってしまいます。

クセになる楽しさ! 毎日だじゃれを使っちゃうかも!?

12匹の動物たちが連なる十二支、新年の始めに干支を意識するものの、子どもたちにとっては多くてなかなか頭に入ってこない、ということもありますよね。

そんなときには、この絵本。ねずみから、いのししまで、楽しいだじゃれと鮮やかで可愛らしい絵で、小さい子どもから親しめます。

ちなみにわが家のお気に入りは、「とり」。「とりは たべた しぬほど たべた しぬほど たべて こういったとさ」― さあ、その後にはなんと続くでしょう? それは、読んでからのお楽しみです。

きっと、毎日の生活の中でもこの絵本のだじゃれを使いたくなってしまうはずです。

歌ってみよう、十二支の歌

この絵本のだじゃれを考えたのは、「にじ」や「世界中のこどもたちが」の作曲でも有名なシンガーソングライターの中川ひろたかさん。

絵本の終わりには、「だじゃれ十二支」の歌のサビ部分の楽譜が載っています。歌は、CD「お〜笑い3人組」(ソングレコード)で聞くことができるようなので、ぜひチェックしてみてください。

にこっとポイント

  • だじゃれで、親子で楽しく十二支に親しむことができます。
  • 歌のサビ部分の楽譜付きです。
  • 新年の始まりに、親子で笑って過ごしてみてはいかがでしょう。

 

(にこっと絵本 Haru)

おすすめの記事