PICK UP! 雪と氷の絵本
きんぎょのおまつり

『きんぎょのおまつり』高部晴市作、フレーベル館、2000 amazon

「ドンドンドン」「カラカッカ」「ドドンガドン」― 遠くのお店から、太鼓の音が聞こえてきます。

フーちゃんは、おかあさんに浴衣を着せてもらって、お祭りの支度です。

それを見ていたきんぎょのアカさんは、「フーチャン ドコヘ イクノ?」。

「アカさんも行く?」と尋ねられたアカさんは、「イッチャウ イッチャウ ドコデモ イッチャウ」とノリノリのお返事です。

なぜか金魚鉢から出て歩いて移動するアカさんには、突っ込みどころ満載なのですが、金魚すくいの屋台で、金魚すくいをしようという展開には、さらに驚きです。

おまけに、金魚すくい屋さんの金魚とアカさんは、お友達なんですって!

櫓の上では太鼓が鳴り、最後には、金魚すくいの金魚たちも水槽から飛び出して、みんなで盆踊りを楽しむのでした。

大判のサイズに、高部晴市さんの迫力あるイラストが映えるこの作品。私が子どもの頃に見た風景が描かれていて、絵本の中に昭和の風が吹いているようです。

うちわを持って汗をかきかき夜店を回り、盆踊りを楽しむ。

この夏は、人が集えるイベントが各地で行われることでしょう。久しぶりに夏らしい体験ができそうですね。

にこっとポイント

  • きんぎょのアカさんがお祭りに出かけます。大判のサイズに、迫力あるイラストが映える作品。絵本の中に昭和の風が吹いているようです。
  • 夜店のページをじっくりと見てほしいです。アカさんはどこにいるかな? フーちゃんは何を食べているかな? どんなお店があるでしょう? とにかく描きこまれている絵を楽しんでください。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事