PICK UP! ハロウィンとモンスターたち

なわとびしましょ
『なわとびしましょ』長谷川 義史、復刊ドットコム、2014 amazon

「ペッタン ペッタン ペッタン ペッタン なわとびしましょ おはいんなさい」

一番に、長なわとびに入ったのは、たけしくんです。次は、おじいちゃん、続いて、おばあちゃんも入ってきました。

「ペッタン ペッタン」、縄はまわり続けます。魚屋さんに、うどんやさんも入ってきて一緒にとびます。そしてなんと、こんな人やあんな人まで、なわとびの仲間入りをすることに!

「ペッタン ペッタン」、みんなで何度もとんで……、さて、最初に縄をふんでしまったのは、いったい誰だったのでしょうか?

縄の音となわとびをするメンバーに、注目!

「ペッタン ペッタン」という音が心地よく響くだけでなく、長なわとびをしている様子が、よりリアルにイメージできるようになっています。

また、次々と縄の中に入ってくる登場人物に、「今度は、誰が入ってくるのかな?」と、わくわくさせられます。長なわとびには、ろくろ首や宇宙人など、びっくりするような仲間も入ってくるので、笑いながら楽しむことができますよ。

絵をよく見ると、魚屋さんは魚を持ったまま、うどん屋さんはどんぶりを持ったままとんでいる等、ツッコミどころも満載。

雲の表情がいろいろと変わったり、とんでいるメンバーが、汗をかきながらがんばっていることが伝わってきたりと、何度か読んでいるうちに気づくことも多く、くり返し読みたくなる絵本です。

にこっとポイント

  • 長なわとびに、いろいろな仲間が入ってくる、ユーモアあふれる絵本です。おはなし会でも、幅広い年齢層に人気があります。
  • 「へびとび」や「ものまねなわとび」についても、見返しで紹介されています!

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事