春の旅立ちにおすすめの絵本

「つめたい つめたい ゆきのうえ ゆきだるまに できるのは じっと たっている ことだけでは ありません」

ゆきがたくさんつもったら

 『ゆきがたくさんつもったら』ルク・デュポン文、ヒド・ファン・ヘネヒテン絵、ひしきあきらこ訳、フレーベル館、2002 amazon

ゆきだるまは、立っているだけでなく、モップでボールをとばしたり、歌を歌ったり、ジャンプしたりダンスをしたりもできるのです。

たとえば表紙に描かれているのは、雪の降る中、さか立ちをするゆきだるま。その足に、上手にのせたモップの柄の上で、小鳥までさか立ちしています。

よく考えたら難しい技のはずなのに、そう感じさせないばかりか、楽しそうなゆきだるまに、親しみを持つ人も多いのではないでしょうか。

絵本の中では、ページごとに、歌ったり、ダンスをしたり、絵を描いたり、いろいろなゆきだるまを見ることができます。

場面ごとに変わるのびのびとしたゆきだるまの表情は、とても魅力的です。

冬のおはなし会でも大活躍

絵は、どのページもはっきりとした色使いで、主役のゆきだるまも、大きく、くっきりとした線で描かれているので、遠くからでもよく見えます。

文も、「ひんやり ひやひや いきを はきながら」「けっして ころころ ころびません」というようにリズミカル。

ですから、大人数での読み聞かせにも向いています。読んだ後、「今度、雪が降ったら、絶対ゆきだるま作る」と、はりきっている子もいましたよ。

にこっとポイント

  • 表情豊かなゆきだるまが魅力の絵本です。
  • 遠くからも見やすく、テンポのよい絵本なので、大勢に向けての読み聞かせにも向いています。
  • 好きなページを開いて飾っても、素敵な絵本です。

 

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事