PICK UP! 大人も読みたい絵本

年が明けました。子年のスタートです。

あなたは、この一年を、どんなふうに過ごしたいですか?私は毎年こう願っています。「自分らしく、マイペースに一年を過ごそう」と。

自分らしさを考える時に、いつも手に取る一冊がこちら。

りんごがたべたいねずみくん

『りんごがたべたいねずみくん』なかえよしを作、上野紀子絵、ポプラ社、1975 amazon

高い木の上にりんごがたくさんなりました。ねずみくんは、りんごが欲しくて上を見上げています。

そこにやってきたのは、とりくん。りんごをひとつとりました。飛べるんですから、高さなんて問題ない。

ぼくにもつばさがあったらなぁ、とねずみくん。

さるくんもやってきて、りんごをひとつとりました。さるは木登りできますものね。

他にもいろんな動物がやってきますが、みんなそれぞれが得意な方法で、りんごを取っていくのです。

ねずみくんは、みんなのことがうらやましくって落ち込んでしまいますが、そこにやってきたあしかくんが、りんごを取ってくれました。

どうやってとったのかは、絵本を読んでのお楽しみ。

自分がなんだかちっぽけに感じられて、人のことが気になって、うらやましくなってしまうことって、あると思うんです。

そんな気持ちになったとき、私はこの絵本を開きます。

誰にだって、あるはずなんです。得意なことやその人なりの持ち味が。

自分らしさを大切にしよう― そんな気持ちをねずみくんが教えてくれます。

にこっとポイント

  • 自分らしさを大切にしよう― そんな気持ちになれる絵本です。
  • 『ねずみくんのチョッキ』にはじまる人気シリーズ。こちらの作品は第2作目のお話です。他にもたくさん出版されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事