これから何かと忙しくなる季節、「やらなきゃいけないことは目白押しで、こころに余裕がありません」というあなたにおススメの1冊をご紹介します。

こころに余裕が欲しいときには『ねこのセーター』

『ねこのセーター』は、寒がりでなまけもので、せっかちでお行儀が悪く、恥ずかしがり屋の泣き虫で、ちょっとだらしないねこの物語です。ねこは大きな穴が二つも開いたセーターを愛用し、どんぐりに帽子をかぶせる仕事をしながら日々を過ごしていて……。

『ねこのセーター』及川賢治・竹内繭子、文渓堂、2016 amazon

 

ねこにとっての穴の開いたセーター、私の周りにも、あります、あります。古くなってくたくたのタオルや、リブがゆるく生地が柔らかくなったスウェット……。そういう自分にとって肌なじみの良いものを身に着けるときの幸せな気持ち、共感できる方も多いのではないでしょうか?

私には、このねこは幸せそうでポジティブに見えます。ねこの暮らしぶりは、一般的にダメ出しされることのオンパレードではありますが、そういう自分の在り方を丸ごと受け入れているねこを見ていると、自分を許し、受け入れるのは、結局は自分のこころ一つなんだよなあと感じます。

ねこはいつも「きょうはよいてんきだね」と独り言を言います。ねこの周りには、いつもゆったりとした時間が流れているようです。

こころがはりつめていると感じたときはぜひこの絵本を開いてみてくださいね。きっとあなたのこころを、ねこが解きほぐしてくれますよ。

そして、実はこの絵本、ねこ好きの私がきっと喜ぶに違いないと紹介してもらったものなのです。初めて読んだとき、「うわっ、これ、大好き」と一気にファンになりました。絶対手元に置きたいと探したのですが、なんと絶版。中古もかなりの高額で、泣く泣くあきらめた記憶があります。思い続けて数年・・・。無事復刊され、やっと私の手元にやってきてくれました。同じようにお探しの方、今なら手に入りますよ!

にこっとポイント

  • 頑張るときも必要ですが、頑張りすぎず、ほどよく力の抜けている自分を大切にしてほしいと思います。
  • 今日はもう、頑張らなくてもいいやと思える動画をご紹介!→『マイクロズボラ』

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事