PICK UP! 海の絵本

はじまりは暗い水面(みなも)。風が吹き、さざ波がたつ。「すう―」。

耳を澄ませば聞こえてくる、音の数々。「とつ とつ とつ…」「ぽちょん」。

『だって春だもん』は、冷たい雪の世界に訪れる春を追った、写真絵本です。

だって春だもん
『だって春だもん』小寺卓矢写真・文、アリス館、2009 amazon

雪解けの水、木のふかふかした芽、厚みのある葉っぱ…… 思わず触れたくなる美しい写真と、「ぽわっ」「ちょろろろ」などオノマトペが印象的でささやきかけるような文章とが、気持ちよく五感を刺激してきます。

そして、「ぐんぐん めりり」とあふれるような生きものたちの生命力は、まだ冬の中でぼんやりしている心もしっかりつかまえて、春の世界へと連れ出してくれます。

その力強い美しさには、ああ、命ってすごいなあ、と思わずにはいられません。

今、ここは冬だけれど、どこかで春が始まっている― 私は、寒がりのくせにひんやりと静かな冬が大好きなのですが、それでも「春が来る」のがとてもうれしいのです。

どんなに ちいさな
いきものも
ほんとうは
はじめから しっている

それは、私もまた誕生や芽吹きの喜びを知っている「いきもの」だから、なのかもしれませんね。

自然と共に、自分も目覚めていくような、春を探しに外へ行きたくなるような、心をやさしく開いてくれる絵本です。冬や春先はもちろん、元気が出ないようなときにも、手に取ってみてくださいね。

にこっとポイント

  • 命の美しさを感じられる、春の訪れを追った写真絵本です。春だけでなく、なんとなく元気が出ないときにもおすすめです。
  • 3・4歳から高齢の方まで、幅広い世代で楽しんでいただけます。小学生の読み聞かせなどでも喜ばれます。
  • 冬から春、お住まいのエリアの気候やお天気に合わせて、好きなときにお読みください。立春や啓蟄など、暦に合わせてもよいですね。

(にこっと絵本 高橋真生)

おすすめの記事