PICK UP! みんなでワイワイ読みたい絵本

私の知り合いには、雨に濡れることよりも、かさを持って歩くのが嫌、という人が何人もいます。まあ、確かにひと荷物ではありますもんね。

でも、こんなかさだったらどうでしょうか。

わたしのかさはそらのいろ

『わたしのかさはそらのいろ』あまんきみこさく、垂石眞子え、福音館書店、2006 amazon

『わたしのかさはそらのいろ』の「わたし」のかさは、晴れた日の空の色をしています。

わたしの かさは 
そらの いろ
あめの なかでも
いい てんき

歌いながら、かさをくるくる回すと、「いーれて」と動物たちが飛び出してきます。

こねずみに、こうさぎ、こぐまに、こじか。さらには、友だちもたくさん! でも、大丈夫。かさは、みんなが入ってくるたびに、青空のようにずんずん広がります。

わたしのかさはそらのいろ_中ページ

日常につながる「不思議」に、楽しそうな子どもたちや動物たちの表情。読んでいると、ほんわかとうれしい気持ちが湧いてきます。

この絵本を読んだ子の中には、もしかしたら自分にもこんなことが起こるかもしれないと、かさを差すのを楽しみにするようになった子がいました。また、「女の子とかさの相棒のような関係にあこがれて、かさを大事にするようになった」という感想を聞かせてもらったこともあります。

大人だって、かさは面倒という気持ちをひととき忘れて、つい、かさをくるくる回したくなるかもしれませんよ。

ところで、「わたし」とみんなで歌いながら遊んでいるうちに、雨はやんでいました。さて、そのときみんなで見たものは何だったのでしょうか。ぜひ、絵本でご覧くださいね。

にこっとポイント

  • 新しいかさをくるくる回していると、友だちや動物たちが集まってきます。雨の日にぴったりの、やさしくて楽しいファンタジーです。
  • 冒頭のかさやさんの店内もカラフルで素敵です。絵本を読み終わった後に、どんなかさが欲しいかおしゃべりしても盛り上がりますよ。

(にこっと絵本 高橋真生)

おすすめの記事