PICK UP! ハロウィーンと魔女の絵本

初めての体験― 最近、少なくなったなぁと、思うのです。

子どもの頃は、毎日が新しいことづくしで、刺激に満ちていたっけ。

初めてのワクワク。初めてのドキドキ。

最初にあったこころトキメクような感覚は、満ちてくると形を変えてしまうんだよなぁ。

そんなことを考えさせられたのがこちら、『せかいいちのいちご』。

せかいいちのいちご

『せかいいちのいちご』林木林作、庄野ナホコ絵、小さい書房、2018年 amazon

カモメの郵便屋さんがしろくまに届けた手紙には「いちご おとどけ いたします」と書かれていました。

知ってはいたけど、実際に手にしたことはなかったいちご。しろくまは、楽しみで仕方ありません。

届いた真っ赤なひとつぶのいちごを、それはそれは大切にしたのでした。

そうして次の年。今度は2つぶ。それから毎年毎年、いちごの数は増えてゆきます。

けれども、

いちごの かずが 増えるほど
よろこびは 減ってしまった

あの、最初のこころ震えた感動に、しろくまは思いをはせるのです。

当たり前になった今には、必ず最初の時があったはず。初めての感動を忘れたくない。

そんなことを感じさせられたのでした。

にこっとポイント

  • やさしいピンク色の表紙やおしゃれなイラストとともに、なにか、こころにピンとくるものがあるこちら。装丁がとにかくおしゃれなので、プレゼントにもおすすめですね。

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事