春のにおいを深く深く吸い込んで!

おなべおなべにえたかな?

『おなべおなべにえたかな?』こいでやすこさく、福音館書店、1997  amazon

気持ちのいいある春の日のこと。きつねのきっこは、突然の用事で出かけてしまったおおばあちゃんの代わりにスープの番をすることになりました。

スープのいいにおいにつられて、どこからともなく集まってくる山の仲間たち。味見のときもピンチのときも、ネズミにモグラ、チョウやアリなどの小さな虫たちまでもが一緒です。

いきいきとした動物たちの動きや表情を見ていると、私たちも少しずつ、心が弾んできますよ。

さあ、スープはどうかな?

山のみんなとおなべの「おなべ おなべ にえたかな?」「にえたか どうだか たべてみよ」というわらべうたのフレーズも、穏やかで明るくて、なんとも楽しい。

いかにも絵本らしい健やかなお話で、いつ表紙を開いても春の心地良さがあふれ出してくるようです。

読み終わった後は、なぜだか、一緒に読んでいる子と目が合います。そして、お互いにっこり。大笑いしたり、すごく驚いたりすることはないけれど、おなべでたっぷりと作られたスープが、私たちの心を、しっかりと満たしてくれるのでしょうか。

さて、おおばあちゃんが「はるの あじがする はるの スープ」と喜んでくれたのは、一体なんのスープだったのでしょうか? ごくり、と喉がなりますよ。

にこっとポイント

 

(にこっと絵本 高橋真生)

おすすめの記事