絵本は読むだけではありません。歌い読みという方法もあります。

月ようびはなにたべる

『月ようびはなにたべる?』 エリック・カールえ、もりひさしやく、偕成社、1994 amazon

『月ようびは なに たべる?』は、『はらぺこあおむし』でおなじみの、エリック・カールの絵本です。この絵本には、目立ったしかけはありません。

しいて言えば、読み進めるのではなく歌い読みをすること、ページを戻しながら読むこと……でしょうか。

♪「月ようびは さやいんげん」「火ようび は スパゲティ、月ようび さやいんげん」「水ようびは ゾープ、火ようびスパゲテ ィ、月ようび さやいんげん」と、子どもたちに親しみのある動物たちが、曜日ごとにいただくものを紹介してくれます。

最後は、子どもたちが大きなテーブルの上のたくさんのごちそうを囲んでパーティの場面で終わります。

土曜日にはきつねが鶏をくわえて登場しますが、歌いながら読むこと、月曜日までページを戻していくことで、残酷さは感じられないと思います。

絵本の後ろに、楽譜があり、これに従って歌い読みをしますが、普通に読んでもいいのです。

ジィーッと絵を見ていた、小2の女の子の疑問とは?

先日、小2の女の子に歌い読みをしてみました。『はらぺこあおむし』は知っているものの、この絵本は初めてとのこと。ジィーッと絵を見ていました。

読み終わったとたんに「表紙のネコがどこにもいないね!」― これには驚きました。

そして最初のページから一緒にネコ探しをしてみました。その結果、最後のページ(パーティの場面)の右下にいるネコが、表紙のネコではないか?という結論に達しました。

皆さまはどうお考えでしょうか? ぜひ、ご確認いただきたいと思います。

にこっとポイント

 

(寄稿:絵本専門士<東京都> 鴫原晶子)

エリック・カールの絵本、こちらもどうぞ!

おすすめの記事