赤ちゃんの絵本って、いったいどの絵本から始めればよいのでしょう?― そんなお悩みのある方は、ぜひこの作品を読んでみてください。
ひよこ_語りかけ絵本

『ひよこ』(語りかけ絵本)、こがようこぶん・え、大日本図書、2017 amazon

「語りかけ絵本」って聞いたことありますか?

語りかけは、声だけではありません。視線や微笑み、うなずきなどの表情など、赤ちゃんとの心のふれあいそのものが「語りかけ」だと、『ひよこ』の作者こがようこさんは書いています。

「なんだろね。なんだろね」と、物語は、三つの大きな卵から始まります。ころころしているうちに、パリッ! と割れた卵。中からひよこが「ピヨッ!」と飛び出てきましたよ。

卵の殻に隠れたり、いないいないばあと飛び出したりと、ひよこは元気に跳ね回ります。

白い背景に、しっかりと黄色いひよこがパッと目を引き、お子様の心をつかんで離しません。

読むだけで自然に語りかけができる1冊。後ろのページには読み方の「ちょこっとヒント」も載っています。

赤ちゃんとの最初の一冊におすすめです。

にこっとポイント

  • 赤ちゃんとの心のふれあいそのものである「語りかけ」の絵本、最初の一冊におすすめです
  • 語りかけ絵本はこの他にも『いちご』『どんぐり』が出版されています。ぜひそちらも楽しんで!

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事