とにかくいっぱい楽しい絵本。

せん

『せん』あらい ひろゆき作、岩崎書店、2017 amazon

目の前に一本の線。タイトルの通り「せん」が主役の絵本です

線にもいろいろありまして、「ちゅるん」とまあるい線や、「ギザギザ」ととがった線、「ふにゃふにゃ」の線もあるんです。

線には音がくっつきます。「ぴょーん」「ちゅるん」「ががががが」― 子どもが喜ぶ、オノマトペがいっぱい。

目で楽しんで、音で楽しんで、とにかくいっぱい楽しい作品なんです。

さてこの作品、読み方に一工夫……。

「さあ、指を出してみよう」「一緒に線を書くよ」こんな風に声をかけて、一緒にからだを動かしてみてください。

空中に描いてもいいし、床に描いてもいい。そのどちらも楽しいんです。

指で書いた後は、立って全身を使って、線を表現してみてはどうでしょう。実際にやってみると、結構な運動量で、私は毎回汗をかきます。

赤ちゃんだったらお母さんがお腹や背中なんかに。書いてあげるのもいいですね。きっとくすぐったくて笑っちゃいますね。好きな線は、たくさん繰り返して書いてもいいですしね。

日常にあるいろいろな線と色々な音を結び付けてくれる、ことばへの橋わたしの一冊です。

 

にこっとポイント

  • 読み方にルールはありません。赤ちゃん絵本ですが、様々な年齢のお子さんと楽しめます。大きくからだを使って飛び跳ねて!!

 

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

 

 

おすすめの記事