PICK UP! 平和ってなに?を考える絵本

あなたがいくらうっかり者だったとしても、きっと、このおじさんにはかないません。

うっかりおじさん

『うっかりおじさん』エマ・ヴィルケ作、きただいえりこ訳、朔北社、2019 amazon

何かこちらに話しかけてきそうなおじさん。

おじさんは、メガネが見つからなくて困ってるんですって。そして、あなたに「みなかったかい?」と尋ねます。

あら、あなたは、ユーモアの持ち主なのかしら? 見つけたおじさんの眼鏡を、自分にかけちゃうなんて!

おじさんは大慌てしています。しかも、あなたには度がきつすぎたのかな? 絵本の文字は、ぼやけてしまっていますね。

今度はぼうしです。

「みなかった?」と聞かれたあなた。

あらあら、またユーモアですか? 自分でかぶろうとするから、おじさんが「こらこら!」と突っ込んでいますよ。

……と、こんな風に、『うっかりおじさん』は、おじさんと読み手が絡み合っていくスタイルの絵本なんです。

さて、すっかり身支度が整って、出かける気満々のおじさんですが、なんか変な恰好? …… ズボン履いてないんです。

うっかりおじさん_裏表紙

おじさんは気づいてないし、「忘れ物ない?」と尋ねても、「ないぞ」と出かけてしまう始末。

すると、「おっと。やっぱりわすれてた。」とおじさんは戻ってくるのですが、果たして……?

『うっかりおじさん』は、スウェーデンの絵本作家であるエマ・ヴェルケの、とびきり洒落のきいた作品です。

おじさんの姿に、思わずくすくす笑いがこぼれてしまうこと間違いなしです。

にこっとポイント

  • 読み手とおじさんが絡み合っていくスタイルの、ユーモラスな絵本です。
  • 見返しや裏表紙までしっかりと見てほしい作品です。作者の遊び心がいっぱい詰まっているんですから!

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事