PICK UP! 赤ちゃん絵本
とべバッタ

『とべバッタ』田島征三作、偕成社、1988 amazon

小さな茂みの中に、バッタが隠れ住んでいました。

バッタを取り巻く世界は、とても苛酷です。

バリバリと仲間をくわえるカエル。カマキリにバラバラにされ、クモに糸でぐるぐる巻きにされ、はたまたトカゲや鳥にも― たくさんの天敵に囲まれ、命を落とす仲間たちの姿を、バッタは隠れた葉の裏からのぞいていたのでした。

厳しい自然の生存競争。ふと息をついたその瞬間に、自分も仲間たちのような姿になっているかもしれません。

怯えながら生きる生活に嫌気がさしたバッタは、決意するのです。

死にものぐるいで、相手をバラバラにするほどに、強くとぶことを。

襲いかかるヘビや、向かってくるカマキリは、本当に本当に恐ろしく荒々しく描かれています。さらに、臨場感もあります。

しかし、物語に没頭するうち、恐ろしいものたちを打ち破るほどに力強く跳躍するバッタの姿に、「こわい」ではなく、「負けるな、バッタ!」という思いが、心の奥底から湧き上がってきます。

なんと言われようとも、かっこ悪くても、生き抜くこと

この物語のキモは、バッタが一度で成功を収めるわけではない、ということ。

バッタは、力強く飛んだそのあと、一度失速するのです。

さあ、そこからどうするのか。

バッタは、笑われても、かっこ悪くても、あがいたのでした。

それはきっと、その先に、出会えるもの、見える景色があるから。

ページをめくっていると、「隠れて、逃げ続けるのか」そうバッタがわたしたちに問いかけてくるようです。

自然の中で生きようともがき、闘うバッタの姿に、勇気をもらえる絵本です。

にこっとポイント

(にこっと絵本 Haru)

おすすめの記事