PICK UP! 赤ちゃん絵本
かべのむこうになにがある?

『かべのむこうになにがある?』ブリッタ・テッケントラップ作、風木一人訳、BL出版、2018 amazon

大きな赤い壁がありました。

それが、いつからあるのか、どうしてなのか、誰も知りませんでした。

小さなねずみは、こう思います。

かべのむこうになにがあるんだろう?

怖がりのねこは、壁が自分たちを守ってくれているんだと言います。

くまのおじいさんは、あることがあまりにも当たり前すぎているし、不思議がるには年をとりすぎたと話します。

お調子者のきつねは、考えるのはやめよう、そうすればハッピーさと言いました。

くたびれたライオンは、壁の向こうには何もなくて、あるのは闇だと言います。

それでも、壁の向こうを知りたいねずみのもとに、そらいろのとりが飛んできました。

かべのむこうになにがある?_中ページ

そらいろのとりは、ねずみを乗せて壁を飛び越えます。

そこには、たくさんの色であふれる夢のような世界が広がっていたのでした。

かべのむこうになにがある?_中ページ2

さて、かべはいったい何だったのでしょう? 何のためにそこにあったのでしょう?

ほんとうのものを みる ゆうきが あれば かべは きえる。
ぜんぶ きえたあとには きっと すばらしいせかいが あるはずだよ。

読む人によって、また、読むタイミングによって、「壁」の意味は変わるかもしれません。

見ないふりをしているだけで、私の周りにも壁があるのかもしれないな……。

知りたいという好奇心、あきらめない心、壁を乗り越える勇気を、持ち続けたいなと思います。

にこっとポイント

  • 「壁の向こうを知りたい」― 読む人、読むタイミングによって、壁の意味や絵本についての感想が変わってくるかもしれません。
  • この絵本にはしかけがあります。ぜひ、表紙カバーを外してみてください。驚くような色鮮やかな世界が広がりますよ。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事