PICK UP! みんなでワイワイ読みたい絵本
ぼくのかえりみち

『ぼくのかえりみち』ひがしちから作・絵、BL出版、2008 amazon

そらくんは、ある日の帰り道、「きょうは、このしろいせんのうえを あるいて かえろう」と思いつきます。

白い線とは、歩道と車道を隔てる白線のこと。はみ出ないように慎重に歩を進めるそらくんです。

ぼくのかえりみち_中ページ1

トウモロコシの畑の横では、トンボがそらくんを誘います。小川の横では、ザリガニ獲りをしている子どもたちがいますが、今日はぐっと我慢です。

商店街では、白線の上に障害物が次々と現れますが、何とか工夫して通り過ぎました。

この、そらくんの冒険のわくわくを際立たせているのは、白い線を見る視点。

そらくんの目線で見たり、横から見たり、時には俯瞰して見たり、背中側から見たりと、視点が変わることで、冒険の世界観がぐっと深まります。

たとえば、横断歩道は、こんなふうに、ぽーん、ぽーんと飛んでわたりましたよ。

ぼくのかえりみち_中ページ2

さあ、もうすぐ、そらくんのおうち。

ところが、うちは目の前なのに、白い線が途中でなくなっているのです。果たして、そらくんは、無事におうちにたどり着くことができるのでしょうか?

小さい頃、私も同じことをやったな、という大人は、私だけではないはずです。

にこっとポイント

  • 子どもは毎日が冒険なんだなと、子ども心を感じさせてくれるこの作品。トウモロコシ畑や、まだ咲いていないヒマワリなど、季節はちょうど6月終わりくらいでしょうか?
  • 小学校にも慣れてきた1年生に読んであげたい作品です。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事