インパクトあるおばけたちに、夏の暑さも吹き飛ぶかも!?

おばけやしき

『おばけやしき』ジャン・ピエンコフスキー作、でんでんむし訳、大日本絵画、2005 amazon

 

「おまちしてました、さあ、どうぞ」ページを開くと、クモがぶらさがっている怪しげな階段が……。階段下の扉を開くと、いたいた、おばけ! でも、これくらいなら、大丈夫。

次へ進むと……。

おばけやしき
わぁ! キッチンには、大きな口をパクパクさせているおばけに、皿洗いをしているたこおばけ。

さらにその先は……。

おばけやしき
おおっ、びっくりした! 登場したのは、迫力のあるゴリラおばけ! クルクル回る時計もある。

こんな風に、おばけやしきに入っていく感覚で読み進めることができる、しかけ絵本です。数々のしかけと、表情豊かなおばけにもご注目ください。

魅力的な数々のしかけで、何度も何度も見たくなる!

夏といえば「おばけやしき」ですよね。夏祭りなどのイベントでも、おばけやしきのコーナーを作ると子どもたちに大人気です。「こわいけれど、のぞいてみたい」そんな子どもたちの好奇心や探求心を、この絵本は見事に引き出してくれます。

玄関、キッチン、リビング、バスルーム、寝室と、それぞれのページで異なったタイプのおばけが登場しますが、「飛び出す」「開く」「回す」「矢印マークを引く」など、小さなものからダイナミックなものまで、しかけの種類も豊富です。

1度読み終えても繰り返し開きたくなる秘密は、ここにあるのかもしれません。

 

にこっとポイント

  • 子どもから大人まで、幅広い年齢層で楽しめます。
  • 子どもによって、印象に残るおばけが異なるので、読んだ後に、聞いてみるのも面白いです。

 

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事