PICK UP! 赤ちゃん絵本

紙吹雪が舞う中、きつねが、ふさふさの立派なしっぽをぴんと持ち上げて、きりっといい顔していますよ。

しっぽがぴん

『しっぽがぴん』おくはらゆめ、風濤社、2015 amazon

このしっぽ、「ぴん」と持ち上げることあれば

しっぽがぴん_中ページ1

「たらり」とたらすこともできるんです。

しっぽがぴん_中ページ2

他にも、猫やカメが登場し、しっぽを「ぴん」としたり、「たらり」としたりしています。

きつねのふさふさのしっぽ。猫の長いしっぽ。かめのちょろりと短いしっぽ。

「ぴん」も「たらり」もできるのって、ステキなことだと思いませんか?

私にはしっぽはありませんが、「ぴん」とするとしたら、背筋を伸ばして何かがんばるときでしょうか。

「ぴん」と張りつめているばかりでは疲れるので、適度に力を抜いて、リラックスしますよね。それが、「たらり」になるのかな?

「たらり」があるから「ぴん」とできるし、「ぴん」としたから「たらり」とできる。

しっぽがぴん_中ページ3

「ぴん」「ぴん」「たらり」「ぴん」「たらり」

リズムよく、歌うように、読みたいものです。

「ぴんもたらりもあっぱれよ」

にこっとポイント

  • 「たらり」があるから「ぴん」とできるし、「ぴん」としたから「たらり」とできる。がんばる人、がんばりすぎてしまう人に、読んでいただきたい絵本です。
  • ハルジオンやたんぽぽ、菜の花などなど、背景には春の草花が描かれています。これからの季節にもピッタリですね。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事