PICK UP! 海と虫の絵本

少し前に、お出かけ先で桜の花を見つけました。今年初めてみた桜の花です。
桜

満開の桜はもちろんきれいですが、咲き始めの感じも控えめで、私は好きです。

その花の周りをせわしなく飛び交う虫たちの様子を見て「あ、あの絵本と一緒!」とうれしくなりました。『はじめまして』です。

はじめまして

『はじめまして』近藤 薫美子作・絵、偕成社、2014 amazon

春になって、桜の花が咲き始めると、虫たちが「はじめまして」とやってきます。

同じ木に咲いたとしても、一輪一輪は違う花。虫たちはそれぞれの桜にあいさつをします。

「さいたね」
「はじめまして。いただきます」
「よろしく」

お話は、そんなふうに、移り変わる四季を追いかけて進みます。

花が散るときは、風とはじめまして。緑生い茂る夏、たくさんの虫たちとはじめまして。紅葉の秋は、色づいた葉っぱが大地とはじめまして。冬になれば、ひとひらの雪とはじめまして。

深い雪に包まれた日から、また新たな春を迎え、そうしてまた新しい花が咲くのです。たくさんのたくさんのはじめましてに囲まれて、日々は進んでいきます。

あなたの町の桜は、いつ頃咲くでしょうか?

そして、出会いの季節でもある春。

あなたの周りにはどんな「はじめまして」があるでしょうか?

にこっとポイント

  • 移り行く季節と、たくさんの「はじめまして」を描いた絵本です。
  • 虫好きの子にも見てほしい。とにかくたくさんの虫たちが描かれています。みんな一言つぶやいているのも面白いところ。
  • 虫嫌いの方は、少しどきっ!とするかもしれません。

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事