ネコが主役のネコリンピック、そのたった一つのルールとは?

ネコリンピック

『ネコリンピック』益田ミリ作、平澤一平絵、ミシマ社、2014 amazon

東京オリンピックの観戦チケットの申し込みが始まりました。これからますます世間はオリンピックモードに突入!

そこで、今日はまた別のオリンピックをご紹介します。その名も「ネコリンピック」。

ネコリンピックは、名前の通り、主役はネコ。数々の種目がありますが、参加するみんな違うネコたちなんです。

さあ、競技を見てみましょう。かけっこなのにサッカーしていたり、ボクシングしたりしている、自由奔放なネコたちは言います。

「好きなところからでいいんだってにゃ~」「好きなときにはじめればいいんだってにゃ~」

頑張るのもいいし、休むのもいい、応援するのだっていい……。

じ、自由すぎる!!

だけど、一つだけルールがあるんです。それは、誰かを傷つけることはダメだということ。

自由であることって、いいことのように思いますが、そこには責任が伴います。

一見自由なネコたちですが、自分で選んで、自分で決めて、やってみるのはなかなか難しいことでもありますよね。

人と比べて、競って「一番になること」「勝つこと」も大事ですが、自分で決めて自分でやって、そうしてその責任も自分でとる― これも大事。

「み~んなメダルがもらえますにゃ~」

ゆるいんだけど、決してゆるくない。味わい深い一冊です。

にこっとポイント

  • ゆるいようで、決してゆるくない、味わい深い一冊です。
  • 製本にも一工夫。見返しの応援しているネコたちにもご注目ください― 「応援するのも、いいんだってにゃ~」。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事