PICK UP! 赤ちゃん絵本

高知県の香長平野では、早場米の田植えが始まりました。

青空の下で、早生(わせ)品種の苗が青々としています。水面に映る景色も、美しいものです。

kacyoheiya

田植えと言えばこちら、『おむすびさんちのたうえのひ』。

おむすびさんちのたうえのひ

『おむすびさんちのたうえのひ』かがくいひろし作、PHP研究所、2007 amazon

今日は、おむすびさんちの田植えの日。田んぼには、お手伝いしてくれるメンバーが集まっています。

おむすびむらの、ぐの、「しゃけさん」と「たらこさん」。「おかかさん」に「うめぼしさん」、それと「こんぶさん」。

おいなりむらの「おいなりさん」に、のりまきむらの「ほそまきさん」と「ふとまきさん」もいるようですね。

「せっ せの せ」

みんなで稲を植えました。

後から来た助っ人は、すしねたむらの「たこどん」と「いかどん」。この二人は、田植えの名人なんです。

なんせ脚の数が多いですからね。どんどん、どんどん、植えていってくれるのでした。

一仕事終えお疲れの皆さんは、おむすびさんちでお風呂に入って人心地……。

あしたは、おいなりさんちの田植えだそうですよ。

読んでいると、無性におにぎりが食べたくなります。こうして丹精込めたお米で握ったおにぎりは、きっと、おいしいことでしょうね。

にこっとポイント

  • 「だるまさん」シリーズでおなじみのかがくい作品らしい、ユニークで愛すべきキャラクターとオノマトペのリズムが楽しい作品です。
  • 夕暮れの風景やお風呂の場面は、あたたかさが染み出てきてほっとします。ユーモアと癒しがいっぱいつまった作品です。

(にこっと絵本 森實摩利子)

かがくいひろしさんの絵本

おすすめの記事