PICK UP! 赤ちゃん絵本
3人のママと3つのおべんとう

『3人のママと3つのおべんとう』クク・チスン作、斎藤真理子訳、ブロンズ新社、2020  amazon

3人のママは、今日も大忙し。

仕事に行く前に、デスクで目を覚まして、3人の子の面倒を同時に見ながら…… 幼稚園の遠足のためのお弁当の準備です。

いつも しごとは ぎっしり。ぜんぶ ちゃんと やりたいけど なかなか うまくいきません。

だいじなことは カレンダーに かいておきますが、しょっちゅう わすれます。

3人は、「ママ」で、同じマンションに住んでいて、子どもは同じ幼稚園に通っていますが、当然ながら、別の人間です。

でも、春がきたのも知らずに、目の前のことに一生懸命向き合いながら、時々、子どもたちのことを考えるのは、同じ。お弁当食べたかな、なんてね。

それでも、

まいにち たくさんのことをやりますが、ときどき なんにもしてないような きもします。

なんて思うときも。

子育てしていたら、どれもこれも「わかるー!」というようなエピソードばかりで、目の奥がじわっと熱くなったり、胸がきゅんとしたり。

でも、決して重たい絵本ではありませんよ。

マンガのようにコマ割りや吹き出しを使ったページが多く、ことばも絵もシンプルでやわらかなので、とても読みやすいのです。

なにより、透明感のある色づかいがすばらしく、読んでいると肩の力が抜け、美しい色の膜に包まれているような気分になります。

新年度が始まりました。

すがすがしく、にぎやかな季節ですが、慣れないことに緊張したり、疲れたりしてはいないでしょうか。

そんなときは、この絵本の出番です。読み終えるころには、やさしさやあたたかさで、心がふわふわになっているはずです。

にこっとポイント

  • 仕事に家事に育児に大忙しの、3人のママの物語。共感しながら読み進めるうちに、やさしさやあたたかさで、心がふわふわになっていきます。
  • 透明感のある美しい春の色が印象的な絵本ですが、春以外にも、折に触れて読みたくなります。
  • パパの物語もあります! 『3人のパパと3つのはなたば』も、あわせてどうぞ。

(にこっと絵本 高橋真生)

おすすめの記事