PICK UP! ハロウィーンと魔女の絵本

読めばハリーを好きになる!?

どろんこハリー
『どろんこハリー』ジーン・ジオン 文、マーガレット・ブロイ・グレアム 絵、わたなべしげお 訳、福音館書店、1964 amazon

ハリーは、黒いぶちのある白い犬です。なんでも好きだけど、おふろに入ることだけは大嫌い。ある日、ハリーはおふろから逃げ出しました。そして、あちらこちらで遊びます。道路工事をしているところや鉄道線路の橋の上に行ったり、他の犬たちとおにごっこをしたり……。

汚れすぎて、白いぶちのある黒い犬になってしまったハリー。家に帰っても、自分がハリーだと気づいてもらえません。

得意の宙返りや歌やダンスで、「ぼくが ハリーなんだよ」と教えようとしても、うまくいきません。がっかりしたハリーでしたが、名案が浮かびます! さて、ハリーが取った行動は……? テンポの良い展開と、三色刷の絵から伝わる生き生きとしたハリーの表情にも注目です。

『どろんこハリー』ロングセラーの秘密

子どもの頃、夢中になって遊んでいたら、いつの間にか服が汚れていて「ああ、どうしよう」と思った経験はありませんか? 私は、『どろんこハリー』を読むたびに、そんな子どもの頃のことを思い出します。

どうしてもおふろに入りたくなくて逃げ出したり、遊び過ぎて家族がハリーだと分からないほどどろんこになってしまったりする姿……、主人公のハリーは犬ですが、嫌なことから逃げてみたり、楽しい時間を優先し過ぎてちょっと失敗しちゃったりする誰かさんと重なりませんか?

ハリーが身近に感じられることこそが、50年以上もの長い間、この絵本が読み継がれてきた理由だと思います。

そして、いごこちのよい帰る家があるからこそ、思いっきり外でも遊ぶことができるのだと、改めて気づかされるラストもまた『どろんこハリー』の魅力です。

にこっとポイント

 

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事