PICK UP! 入園・入学&卒園・卒業に読みたい絵本

「お姫様は幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし」というように、ハッピーエンドを迎える物語はたいてい「めでたしめでたし」で終わります。

そんなお話の始まりは、「むかしむかし、あるところに……」となるわけですが、この作品『めでたしめでたしからはじまる絵本』は違うのです。

めでたしめでたしからはじまる絵本

『めでたしめでたしからはじまる絵本』デイヴィッド・ラロシェル作、リチャード・エギエルスキー絵、椎名かおる訳、あすなろ書房、2008 amazon

タイトルのとおり、「めでたしめでたし」から、お話が始まります。そして、どうして〇〇〇になったのかというと…… という風に、因果関係をさかのぼっていくんです。

さかのぼって、さかのぼって、結局、始まりはお姫様が大きなボウルいっぱいのレモネードを作るところに行きつくのですが、ここにたどり着くまでのお話は、読んでからのお楽しみにしましょうか。

原題は「THE END」。タイトルの訳もステキですよね。

随所にちりばめられる昔話のキャラクターですが、それぞれに一味違っていてそれもまた面白い。

描かれているイラストを、とにかく丁寧に見ていくことをおすすめします。

お話の因果関係がわかるのは、高学年くらいからかもしれません。大人の私も、さかのぼることに慣れていなくて、何度も読み返したくらいでしたから。

にこっとポイント

  • 「めでたしめでたし」から、お話が始まり、どうして〇〇〇になったのかというと…… という風に、因果関係をさかのぼっていくお話です。
  • この作品は、見返しのみならず表紙まで使ってお話が展開されています。レモネードを作ることになったのには、さらに理由がありました。本当のお話の始まりは、裏表紙のイラストからかもしれません。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事