赤ちゃんから高齢者まで幅広い世代が楽しめる、わらべ歌の世界。

いちじくにんじん

大阪YWCA千里子ども図書室案、ごんもりなつこ絵、福音館書店、2007 amazon

子育て支援センターなんかに行くと、先生がわらべ歌で赤ちゃんをあやしてくれます。

やさしい眼差し、温かいぬくもりのある手。そして単調だけど耳に残るフレーズ。

赤ちゃんはじーっと先生のお顔を見て、キャッキャと喜んだり、じーっと聞き入ったり、いろんなお顔を見せてくれます。

こういうわらべ歌は、口伝えに歌い継いできたものです。ですから、地域によって少しずつフレーズや歌詞が違うのも特徴でしょうか。

わらべ歌が絵本になったものはたくさんありますが、今回はこちら『いちじく にんじん』をご紹介しますね。

「いちじく にんじん さんしょに しいたけ ごぼうに なす はす きゅうりに とうがん」

数え歌で、1から10まで数字になぞらえた野菜たちが出てきます。

見開きで一つの野菜、背景は真っ白。ぱっと絵が目に飛び込むのも、この作品の力のあるところです。

赤ちゃんに歌いながら見せてやるのもよし。

少し大きくなった子とは、「2はなんだろうね?」なんて言いながら当てっこするのも楽しい。

私なんかは高齢者施設で読むことがあります。なつかしいわらべ歌と、目に入るなじみのある野菜たちに、みなさん喜んでくださいますよ。

歌や節のあるものは、異年齢の集団でも読みやすい感じがします。おはなし会なんかでもいいかもしれませんね。

にこっとポイント

  • 幅広い年齢で楽しめる、おはなし会にもおすすめの絵本です。
  • 楽譜がついてないから歌えないという方は、ぜひYouTubeなどを検索してみてください。歌詞は少し違うけど、参考になりますよ。

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事