PICK UP! 雪と氷の絵本
おにたくんのおにぎり

『おにたくんのおにぎり』はしもとえつよ、ひさかたチャイルド、2021 amazon

ある日、おにの家族が、人間の町へ引っ越してきました。

お父さんは、雲の上で人気のおにぎりやさんでした。もっとたくさんの人に喜んでほしくて、この町にやってきたのです。

子どものおにたくんは、近所の園に通うことになったのですが、緊張してみんなと話すことができません。

しかし、お弁当の時間、お父さんが握ったおにぎりに、「おにたくんの おにぎり おいしそう!」とみんなが集まってきてくれたおかげで、話をすることができました。

「こんど みんなの ぶんも つくってもらうね」と、約束したおにたくんでしたが、お父さんは勘違いしてしまって……。

「おに」と聞くと、ちょっぴり怖いイメージを持つ人もいると思いますが、このおはなしに登場するのは、内気なおにたくんに、元気なお父さん…… 、などととても好感が持てるおにたちです。

まず、感心したのは、引っ越してきたときに、ちゃんと家族3人そろってごあいさつしたことです。

そして大きな体に角が2本のお父さん。体こそ大きいのですが、おにぎりを握るときには、「おにの おにぎり にーぎにぎ はっ! パワーを こめて にーぎにぎ はっ!」などと歌うチャーミングな一面もあります。

そして何といっても「おにたくん思い」なのが素敵です。息子と息子のための特別なおにぎりに、喜ばない子はいないはず。

おにたくんのおにぎり_中ページ

おはなしを読み終わった後に、どんなおにぎりが好きか、どんなおにぎりを食べてみたいか等、いろいろと親子で会話すると、楽しさ倍増ですよ!

にこっとポイント

  • 人間の町へ引っ越してきたおにぎり屋の「おにたくん一家」のおはなしです。どのページも、とてもカラフルな絵で、明るく楽しい雰囲気の絵本になっています。
  • 怖いイメージおにが、苦手な子どもにもおすすめです。
  • 奥付のページには、作者のおにぎりの思い出も書かれています。

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事