PICK UP! ハロウィーンと魔女の絵本

あたま とんとん たたいたら

『あたま とんとん たたいたら』中川ひろたか作、ザ・キャビンカンパニー絵、鈴木出版、2020  amazon

頭をとんとんたたいたら、「わ、ハト」! ほっぺをとんとんたたいたら、「おっと、ホットドッグ」が出てきました。胸をとんとんたたいたら、「どーん、ふね」が登場します。

では、おなかやあんよやおしりをとんとんしたら、いったい何が出てくるのでしょう?

ぜひ、親子で一緒にとんとんしながら、読んでみてください。びっくりするものが出てくるかもしれませんよ!

「とんとん」すれば、楽しいことが起こる!

とんとんして出てくるものの絵は、どれもページいっぱいに元気よく描かれているので、びょーんと絵本の外へ飛び出してくるように感じられます。まるで、おもちゃ箱を開けたみたい。

とんとんするところが変わるたび、「次は、何が出てくるんだろう?」と、わくわくした気持ちになります。

また、細かい部分まで描かれているので、ページの隅々までじっくり見てみると、たくさんの発見があります。たとえば、胸をとんとんして出てくる船は、デッキにお客さんが乗っているだけでなく、船の上や窓の中にも、乗っているお客さんが見えたりして、面白いんです。

読み方いろいろ、もっと楽しめる!

親子で読むときは、頭やほっぺを、絵本に出てくる順に「とんとん」しながら読むと、楽しさ倍増です。

繰り返し読むときは、速くしたり、ゆっくりしたりとスピードを変えて読んでみるのもいいですよ!

にこっとポイント

  • 頭、ほっぺ、胸やおなかなどを「とんとん」して出てくるものが、魅力いっぱいです。
  • 色づかいが、とても明るくカラフルで、元気が出てきます!
  • 親子で一緒に「とんとん」しながら、何度でも楽しめます。

 

(にこっと絵本 SATO)

高橋真生
小さな子どもたちへの少人数への読み聞かせにもおすすめです。頭やほっぺに自然と手が伸びる様子は、とてもかわいらしいですよ。

 

おすすめの記事