児童館の幼児クラブのプログラムで、あそびの導入として読んだ絵本の中で、その後の活動にスムーズにつながった絵本や、親子に好評だった絵本を紹介します。親子でのあそびの前に、1冊読んでみてはいかがですか? その後のあそびの世界が、ぐっと広がるはず!

「風船あそび」に『こぐまちゃんとふうせん』

こぐまちゃんとふうせん

『こぐまちゃんとふうせん』わかやまけん、こぐま社、1972 amazon

手に持った大きな風船を飛ばしてしまったこぐまちゃんのところに、しろくまちゃんが、まだふくらませていない風船を持って「あそびましょう」とやってきます。

二人は、風船をふくらまそうとしますが、なかなかふくらみません。こぐまちゃんの手から風船が離れ「ちゅる ちゅる ちゅ」とロケットみたいに飛んでいってしまいます。でも、お母さんが上手にふくらませてくれましたよ。
こぐまちゃんたちと一緒に、いろいろな風船あそびを発見できる1冊です。

風船あそびへの導入ポイント

風船は、小さな子どもには膨らますのが難しい、でも、大人なら大きくふくらませることができる。ロケットみたいに飛んでいくことがあるし、割れてしまうこともある。触ると分かる、「きゅっ きゅっ きゅっ」「ぼん ぼん ぼん」という独特の感触― 『こぐまちゃんとふうせん』には、短い文と単純なストーリーの中に、風船の特性や楽しさが詰まっています。

そのため、この絵本を読んだ後、実際に風船を取り出し、そのままあそびにつなげると、絵本の中の世界と子どものあそびの世界が結びつき、面白さが倍増します!

にこっとポイント

 

(にこっと絵本SATO)

おすすめの記事