春の旅立ちにおすすめの絵本

鏡の向こうに虹が通ったり、虹がまあるくつながったり……、『ふしぎなにじ』は、鏡のように反射する紙を使用した、しかけ絵本です。

ふしぎなにじ

『ふしぎなにじ』わたなべちなつ、福音館書店、2014 amazon

90度に開くと、左右のページが映り込み、虹が立体的に見えてきます。

ふしぎなにじ_中ページ

まっすぐ描かれた虹や波模様の虹など、『ふしぎなにじ』というタイトルの通り、いろいろなパターンの「ふしぎなにじ」を見ることができます。楽しみながら、鏡の効果にも興味を持つきっかけにもなる絵本です。

平面から立体へ― 虹の変化を想像するのも楽しい

ページをめくるたび、姿の変わる虹にわくわくするこの絵本。ある小学1年生の女の子は、まず180度に開いて、平面の虹を楽しみました。

そして、平面の虹から立体になったら、どう映るかを先に想像してから、90度に。

「ここがこう映るから、こう見えるんだ」と納得したり、「自分が思ってた感じと一緒だったけど、思っていたよりずっときれいでびっくり!」と、その美しさに感激したりした様子でした。

こんな風に、二次元の虹から三次元の虹をイメージしたり、いろいろな角度から、「ふしぎなにじ」を見るのもおすすめです。

にこっとポイント

  • 立体的な虹を楽しみながら、鏡の効果にも興味を持つきっかけにもなります。子どものみでなく、大人へのプレゼントにも喜ばれる絵本です。

 

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事