PICK UP! 心もからだもあたたまる絵本

雨の季節。空はグレーで曇り空、どんよりした気持ちになる中で、ひときわ明るいばらいろの絵本をご紹介します。

それは、『ばらいろのかさ』。

ばらいろのかさ

『ばらいろのかさ』アメリー・カロ作、ジュヌブィエーヴ・ゴドブー絵、野坂悦子訳、福音館書店、2019 amazon

かわいらしい女性が、髪にバラの花を飾ろうとしています。

彼女の名前はアデル。このお話の主人公です。

アデルは、「みずたまエプロン」というカフェをしています。

海辺の村にあるアデルのお店は、このあたりに住む人たちにとって、なくてはならない居場所なのでした。

アデルの店は、水曜日には果物や野菜を売っています。出店を開くのは、リュカという、とてもしっかりとした若者でした。

いつもは朗らかなアデルですが、雨の日だけは、どんより暗い気持ちになってふさぎこんでしまいます。

ばらいろのかさ_中ページ1

そんなある日、お店に、「ばらいろの長靴」があるのに気づきます。

誰かの忘れ物かしら?

そうしているうちに、次は「ばらいろのレインコート」があるのに気づきます。

アデルにピッタリと似合うレインコート。アデルは、ますます不思議に思うのでした。

そして、今度は「ばらいろのかさ」が……。

ばらいろのかさ_中ページ2

誰が置いて行ったのか、アデルはピンときました。

「まちがいなく、あの人・・・」

雨でふさぎ込むアデルを元気づけようと、贈りものを届けていた彼の気持ちに、アデルはようやく気づけたようです。

「ばらいろ」と「恋する心」。なんともロマンティックな作品です。

恋っていいなぁ~。

にこっとポイント

  • 雨の季節が明るくなる、ばらいろの、なんともロマンティックな絵本です。
  • 見返しには、こんな言葉が書かれています「雨はふってくる。なんのまえぶれもなく、恋におちるように― マルタン・パージュ」大人の女性への贈りものとしてもステキかも。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事