PICK UP! うさぎの絵本
きみのことがだいすき

『きみのことがだいすき』いぬいさえこ作・絵、パイインターナショナル、2022 amazon

ここは、小さなどうぶつたちが暮らす森。悲しんだり立ち止まったりした子に、優しいことばをかける動物たち。

ふわふわしたリスやネズミ、タヌキやキツネの会話が、優しくて温かいのです。

ちょっと覗いてみましょう。

99人に合う靴だって きみに合わなきゃ 意味がないんだ

自分だけかもしれないから、我慢しようとしていた子にかけられたことばです。

きみのことがだいすき_中ページ

じょうずにできたときも じょうずにできなかったときも
あなたがとてもがんばっていたことは なにもかわらないよ

何かに失敗したのかな? 落ち込む子にかけられたことばです。

やすむのだいじ とってもだいじ

頑張りすぎるとエネルギーがもちません。一休みしてゆっくりしようとかけられたことばです。

寄り添うというのは、こういうことだろうなぁというエピソードが詰まったこの作品。

自分という存在を、丸ごと受け入れてもらえる安心感や温かさが、たくさん入っています。

ほっとして、「ふわぁ」と力が抜けて弛む感じ。

小さな子に読んであげるのもいいけれど、中学生くらいで自分に自信をもてない子が出会って手に取ると、心が「ほっ」として救われることがあるかもしれないなと感じました。

にこっとポイント

  • 自分という存在を、丸ごと受け入れてもらえる安心感や温かさが、詰まった作品です。
  • この絵本は、最後のページにメッセージを書くことができます。たくさんの愛を誰かに伝えませんか?

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事