PICK UP! 大人も読みたい絵本

「うーん… なんか つまんない」

おもちゃも、今日のテレビもつまんない。「つまんないのって だれのせい?どうして つまんないんだろう。つまんないって、なんだろう」

つまんないつまんない

「つまんない」の沼は深く、「せかいいち つまんない ゆうえんちって、どんなところだろう」「つまんないひとが 300にんくらいあつまったら、おもしろくなるのかな」と、次から次へと疑問が、浮かんできます。

つまんないつまんない

『つまんない つまんない』ヨシタケシンスケ、白泉社、2017 amazon

『つまんない つまんない』は、「つまんない」気持ちを、ユーモアたっぷり、ヨシタケシンスケさん流に、紐(ひも)解いた絵本です。

「つまんない」そう感じたら、読んでみよう!

きっと誰だって感じたことのある「つまんない」という気持ち。けれども、「つまんない」を、これほどまで深く考えたことがある人は、いないのではないでしょうか。

ページをめくりながら、はっと何かに気づいたり、納得したり、さらに疑問が浮かんできたり、年齢なりの読み方ができるので、幼児から大人まで、「つまんない」の奥深さをじっくりと楽しめます。

「つまんない」と感じたときこそ、「つまんない」ことについて、とことん考えてみませんか?

にこっとポイント

  • 「つまんない」ことについて、様々な視点からユーモアたっぷりに掘り下げた絵本です。
  • お子様ランチの旗やトイレットペーパー、見返しの絵も、「つまんない」だらけになっていますよ!

 

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事