リズムを楽しむわらべうた― お子さんを膝にのせて歌ってみて!
へっこぷっとたれた

『へっこぷっとたれた』こがようこ構成・文、降矢なな絵、童心社、2018 amazon

「おいっちに おいっちに」ときのこちゃんが歩いてきて、「へっこ」(おなら)を「ぷっ」。そのあとも、あひるちゃん、だるまさん、おばけちゃんが次々と登場し……。

わらべうたのゆったりとしたリズムにのりながら、「ぷっ」で、くすっと笑えるかわいい絵本です。

体を動かしながら、わらべうたを楽しもう

昔から愛されてきたわらべうた、皆さんはお子さんと歌っていますか?

「図書館のイベントなどでやることはあっても、忘れてしまって」「なんだか気恥ずかしくて……」と、なかなか家でできない、という方もいるかもしれません。けれども、それではもったいない!

せまい音域でリズムにのせて歌うわらべうたは、自然と子どもにも沁みていきます。特に、お母さんの声を聞きながら、体に触れながら、トントンとリズムを感じることは、親子の立派なコミュニケーションになるのです。

この絵本なら、お子さんを膝にのせてトントンと足を動かしてみたり、もう少し大きいお子さんなら立ってその場で足踏みをしたりしながら、「へっこぷっとたれた」というリズムを楽しむことができますよ。

ぜひ、「ぷっ」という瞬間にお尻を振って、親子で笑顔になってみてくださいね。

親しみやすいユーモラスな絵、描いているのは?

この絵を描いているのは降矢ななさん。

『めっきらもっきらどおんどん』や『ともだちや』シリーズなど、馴染みのある絵本の絵を多く手がけていらっしゃいます。
ともだちや

和洋両方の味をあわせもつ独特な作風が特徴ですが、『へっこぷっとたれた』では、とってもかわいらしい絵が魅力です。表紙にも載っている「きのこちゃん」が、「おいっちに」とよちよちと歩く様子は、なんともたまりません。きっと親子でくすっと笑ってしまうはずです。

にこっとポイント

  • わらべうたにルールはありません。自由に、楽しく子どもとの時間を楽しんでみてください。
  • 「へっこぷっとたれた」のリズムや音がわからない、という方は童心社HPに動画もあるので要チェックです。
  • 同じわらべうたでひろがるあかちゃん絵本シリーズで、『ねーずみねーずみどーこいきゃ?』や『おせんべやけたかな』もあります。こちらも、合わせておすすめです。

 

(にこっと絵本 Haru)

おすすめの記事