PICK UP! 赤ちゃん絵本

赤ちゃん絵本の醍醐味って、ページをめくるとパッと違った展開が広がって、ハッとしたり思わずクスッとなったりするところだと思うんです。

この作品もそう! 『ねこ ときどき らいおん』。

ねこときどきらいおん

『ねこ ときどき らいおん』藤本ともひこ作、講談社、2013 amazon

「ねこ ときどき」

ねこときどきらいおん_中ページ

(ページをめくると)「らいおん!」

ねこときどきらいおん_中ページ2

(ぺーじをめくると)「がお がお がおー!」

ねこときどきらいおん_中ページ3

こんな感じで、3ページが1セットで展開していきます。

さるはゴリラに、そしてぱんだやきんぎょも登場しますが、何になるのかは、読んでからのお楽しみ。

似たような展開かな~?と匂わせて、その期待をユーモアで見事に裏切ってくれるのです。

イラストもカラフルでかわいらしく、遠くから見ても楽しめますし、少し大きくなった子には先の展開をクイズにするなど、楽しみ方の幅も広がります。

この小さな絵本の少ないページ数で、よくぞここまで楽しめるものに……。

赤ちゃん絵本は、魅力がたっぷり詰まっていますね。

にこっとポイント

  • 似たような展開かと匂わせつつ、その期待をユーモアで見事に裏切ってくれる、魅力的な赤ちゃん絵本です。
  • この作品は、もともとEテレ「おかあさんといっしょ」で流れていた歌遊びなんです。作者の藤本ともひこさんのHPでは、遊び歌も紹介されています(https://tanukiss.com/creation/library/book009)。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事