PICK UP! スポーツの絵本

表紙には、ピンクや黄色等、カラフルな文字で書かれたタイトル名と、ぞうさんの顔のアップ。

ちゃぷちゃぷぷーん

『ちゃぷちゃぷ ぷーん』得田之久文、及川賢治絵、福音館書店、2022 amazon

早速、ページをめくってみると、「ぞうさん みずあそび ちゃぷちゃぷじゃー ちゃぷちゃぷじゃー」。

ちゃぷちゃぷぷーん_中ページ

お水に入ったぞうさんの長い鼻からは、勢いよくお水がふき出されています。

次は、くまさんが登場です。「くまさん おすもう どすどすどっすん どすどすどっすん」。

ちゃぷちゃぷぷーん_中ページ2

くまさん同士のおすもうは、本当に「どすどすどっすん」と、大きな音が聞こえてきそうです。

くまの次に出てくる動物は、ピンク色をしたぶたさん。さて、ぶたさんからは、どんな音がするのでしょうか?

『ちゃぷちゃぷ ぷーん』は、リズミカルな擬音が楽しい赤ちゃん絵本です。

上の画像でもわかるように、黄色の背景に灰色のぞうさん、赤い背景に黒色のくまさんが描かれているなど、どのページの絵もカラフルで、はっきりとしていて、小さな子どもでも見やすいです。

また、水遊びやおすもう、ジャンプにおにごっこなど、動物たちが様々な遊びをしますが、音を聞くだけでその遊びのイメージが広がり、とてもわくわくします。

一度読むとくり返し読みたくなります。親子でぜひ声に出して、楽しんでみてください。

にこっとポイント

  • いろいろな動物たちが登場する遊びと擬音のリズムが楽しい、赤ちゃん絵本です。
  • シンプルでかわいい動物や生き物が、たくさん登場するのも魅力です。
  • 描かれた動物の数にも注目してみてください。1から順に、2、3、4とページをめくるたび、増えていっていますよ!

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事