PICK UP! 赤ちゃん絵本
うれしくてうれしくて

『うれしくて うれしくて』かさいまり、くもん出版、2010 amazon

最初に登場するのは、ピンク色したうさぎさん。

うさぎさんは、うれしくてうれしくて……、「なんだか なんだか おどりたーい」。

そして、「たんたん たった たんたん たった」と踊り出しました。

次に出てきたのは、くまさんです。

そして、「なんだか なんだか うたいたーい」!

さあ、今度は、誰が登場するのかな? どんな気持ちなのかな?

『うれしくて うれしくて』は、とってもうれしくて体が自然に動いちゃう、その気持ちをそのまま表現した赤ちゃん絵本です。

パステルカラーのような、やわらかい色彩で描かれていて、絵本全体が、あたたかい雰囲気に包まれています。

文は、シンプルでリズミカル。「なんだか なんだか おどりたーい」「なんだか なんだか うたいたーい」など、「なんだか」ということばを繰り返し使っているのも、特徴です。

親しみやすい動物が次々と出てきて、わくわくしながらページを開くことができるこの絵本、動物たちがとても気持ち良さそうに、踊ったり、歌ったりしているので、読み手にも、「うれしくて うれしくて」たまらない気持ちが、伝わってきます。

動物たちと一緒に、踊ってみたり、歌ってみたり、親子でまねをしてみても楽しめますよ!

ぜひ手に取ってみて下さい。

にこっとポイント

  • いろいろな動物たちが、そのうれしさを、体を使って表現をしている赤ちゃん絵本です。
  • 各ページに小さく描かれた「ぴんくのぴんちゃん」の表情にも、注目です!
  • かわいい絵と、声に出して読みたくなる文で、何度も読みたくなります。

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事