PICK UP! 赤ちゃん絵本

今年の夏は、行動制限のない夏休みでした。

行きたいところに出かけ、会いたい人に会う― 数年前では当たり前だったことが、「特別」なことになってしまいました。

家族で旅行したり、田舎のおじいちゃん、おばあちゃんと楽しいひとときを過ごしたり。

今年の夏休みは、久しぶりに「あたりまえだったこと」を味わえた方が多いのではないでしょうか。

さて、この物語は、町に住む家族が山にある祖父母の家に出かけるお話です。

しずかな夏休み

『しずかな夏休み』キム・ジヒョン作、光村教育図書、2022  amazon

ある夏のこと。お父さんとお母さん、そして男の子と犬の3人と1匹は、車に乗って出かけます。

祖父母の家は山あいにあります。

男の子は、森に出かけたり、湖に「バシャン」と飛び込んでたくさんの魚を見つけたりと、冒険を楽しむのでした。

夜は、みんなで夕食をとり、語らいます。

外に出て空を見上げれば満天の星。

しずかな夏休み_中ページ

こうして一日が過ぎていきました。

さて、この作品には文字がありません。

作者のキム・ジヒョンさんは韓国とイギリスでデザインを勉強したイラストレーター。

ある夏に感動した、湖畔の村での大自然の営みを分かち合いたくて、この作品を描いたそうです。

モノクロームの濃淡で描かれた大自然のイラストは、自分が過去に体験した五感の記憶を呼び起こされます。

温度や匂い、触覚などもリアルに感じられました。

文章がないことで、より心にせまってくる感動がある作品です。

にこっとポイント

  • 大自然の夏休みを描いた、文字のない絵本です。頭で考えず、心を動かす体験を、ぜひ味わってほしいです。
  • ちょっとお疲れの大人の方にもおすすめしたい作品です。大人は体験したことが多いので、情景がより深く味わえるのではないでしょうか。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事