ガラゴは旅するかばん屋さん。左右違う色の靴を履いて、てくてくてくてく、かばんを売って歩きます。

かばんうりのガラゴ

『かばんうりのガラゴ』島田ゆか作、文溪堂、1997 amazon

ガラゴが売るのは不思議なかばん。お客さんの望みにぴったりのものを出してくれるのです。ちょっと変わった、でも、特別なかばんです。

ガラゴは、どんなお客さんにも精一杯対応します。そして、お客さんと一緒に自分も楽しんじゃう! そう、旅につきものの「出会い」を楽しむ。ガラゴのそういう柔軟なところが、とても魅力的なんです。

お客さんはかばんのお礼に、何か「いいもの」を置いていきます。クレヨンだったり、すいかだったり、ドーナツだったり……。その品々が、次のお客さんとのやりとりでつながっていくのも、このお話の面白いところです。

さて、そんなガラゴと旅を共にするのも、もちろん不思議なかばんです。見て見て! 足がついてて靴まで履いてるよ! お客さんの希望に応えられるかばんがいっぱい詰まっていて、その上ベッドにもなる優れもの。

お話を楽しみながらお子さんと一緒に、いろんな夢のあるかばんを想像するのも楽しいですね。

それから、作者、島田ゆかさんの細やかな絵のこだわりがおもしろい! 描かれている全てのものが、別のお話につながっているんです。まるで、皆が主人公みたいに。

1回目はストーリーを楽しんで、2回目は小さな生きものたちのサイドストーリーを楽しむ。読むたびに新しい発見がある一冊です。

にこっとポイント

  • ガラゴの物語と、小さな生きものたちのサイドストーリー、両方が楽しめる絵本です。
  • 島田ゆかさんの「バムとケロ」シリーズもぜひ読んでみてください。「あ、見たことある!」という登場人物に出会えますよ。

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事