PICK UP! 海と虫の絵本

皮がパリッ! 肉汁がジュワー― と聞くと思いつくのは……?

そう! 餃子です

でも、今日ご紹介する餃子は、ただの餃子ではありません。「怒り」の餃子なんです。

いかりのぎょうざ

『いかりのギョーザ』苅田 澄子作、大島 妙子絵、佼成出版社、2016 amazon

こぶたのブブコさんが見つけたフライパン。餃子を焼くのにコンロで火をつけようとしたら、なんと、フライパンがしゃべったんです。

どうやらこのフライパンは、火がなくても焼ける怒りのフライパンのようで「プンプン、プリプリ」と、怒りのパワーで餃子を焼いてしまうのでした。

昨日ブウタと喧嘩したブブコさんの怒りには、餃子が焼けるほどのパワーがあったんです。

怒りの餃子を食べると、ブブコさんだけでなく、何かと怒っていた動物はたちまちみんなご機嫌になって、また餃子を食べたくなってしまいました。

ぐったりしたのは、たくさんたくさん餃子を焼いたフライパンなのでした。

いかりのぎょうざフライパン

怒りのパワーってすごいです。

でも、モノや人に八つ当たりしてしまうと、後から「あー、やらなきゃよかった」と反省することにもなりかねません。

深呼吸や6秒ルールで怒りをコントロールするのも良いですし、このパワーを何か他のことをする原動力に転換するのもいい方法ですよね。

もしあなたに、むしゃくしゃ、イライラした気持ちがあったら、何か他のことで発散させてみてはいかがでしょうか?

にこっとポイント

  • クスッと笑える絵本です。怒りを何か他のことで発散したくなるかもしれません。
  • この本を読んでいると、もれなく餃子が食べたくなります。餃子の皮は、手作りが断然美味しい! 少しの手間をかけて家族で手作りするのも楽しいですね。

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事