「お片付け」、これは、私の苦手分野です。「散らかす」、こちらはかなりの得意分野―。

今日ご紹介したい絵本は、そんな私がとても共感できる作品です。

おうさまがかえってくる100びょうまえ!

『おうさまがかえってくる100びょうまえ!』柏原佳世子作、えほんの杜、2018 amazon

この絵本は表紙をめくってすぐ、見返しから始まります。

えっへんと偉そうな王様がいる豪華な部屋。高価そうな調度品。座り心地よさそうなソファもあります。お部屋に控える家来は3名。ぴしっと制服を着て王様に仕えています。

さて、今日は王様がお出かけの日。3人の家来は、ここぞとばかりに部屋を散らかして遊んでいます。

ところが、王様は予定よりかなり早くご帰宅の模様。

驚いたのは家来たち。「あと100秒で片付けろー」……ということで、大慌てでお片付けが始まるのです。

食べ散らかしたテーブル、ぐっちゃぐちゃの本棚。鳥かごから鳥は逃げ出しているし、家来の一人は王様のベッドでぐっすりとお昼寝中……。

大慌てで片付ける様子に、シンプルに時をカウントする数字が並んでいます。

さあ、100秒で無事にお片付けできたのでしょうか?

後ろの見返しにその答えが描かれていますよ。王様が家来を叱っているということは、遊んでいたことはバレちゃったんでしょうね。

ああ、私も散らかすのは程度にしなくっちゃ。

特に、何かに夢中になっているときには、きっちりと片づけることができず、ごちゃごちゃの頭の中同様、お部屋もごちゃごちゃに散らかしてしまいます。だから、相方からの帰るコールがあると「まずいぞ!」「あと10分!!」と慌てて片付けるのです。

すっきりと片付いた部屋で暮らせる日は来るのかしら?

にこっとポイント

  • とにかく絵探しが楽しいこの作品、大勢に向けて読むのではなく、子どもをお膝にのせて向き合って、一緒に絵をじっくりと楽しんでほしい作品です。私も見るたびに新しい発見があって、ワクワクしています。

 

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事