あなたは魔女のこと、どれくらい知っていますか? 魔女って実は、とってもおしゃれで物知りなんです。

魔女図鑑
『魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン』マルカム・バード作・絵、岡部史訳、金の星社、1992 amazon

黒い服に黒い帽子。ほうきにまたがって空を飛ぶ― 魔女のイメージってこんなものですよね。でも、魔女にはたくさんの秘密があるんです。

『魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン』は、魔女の家、お料理、魔法の使い方、おしゃれの仕方や趣味まで、魔女についてじっくり知ることのできる一冊です。物語ではありませんが、大きな画面で細かいところまでしっかりと読むことができます。

魔女になるには、どうしたらいいの? ハロウィンのヒントにもなる魔女の暮らし

中でも子どもたちが一番夢中になるのが、魔女のお料理。みみずのスープに毒きのこパイなんて、「うえー!」と言いながらも、「作れるかも?」と思わずじっくり読んでしまいます。

女子必見の「美しさのひみつ」「おしゃれな魔女たち」のページなんて、まるで、ファッション雑誌の特集ページのよう!

他にも、ハロウィンの遊びもたくさん紹介されています。水にりんごを浮かべて手を使わずに取りだすゲーム「りんごひろい」や、「かぼちゃ探し」など、今年のハロウィンをより楽しく過ごすヒントが見つかるはずです。

実は、この絵本、私の幼稚園の頃のお気に入りの一冊。ページの端から端まで、顔をすりつけるようにして夢中になって読んだのを覚えています。魔女の使う薬草をメモして覚えたら、私も魔女になれるかしら?― そんな期待に満ちた思いで毎日手に取っていました。

子どものときに空想の世界にどっぷりはまる経験は、様々なイメージを獲得し表現していくことに繋がります。何よりも、「夢中になる」って楽しくて気持ちがいいですよね。そんなきっかけを与えてくれるおすすめの絵本です。

 


 

※ちなみに、「本書の内容は、熟練した魔女によってのみ実用可能」との作者からの注意があります。子どもの「やってみたい!」につながった場合、大人の「熟練した魔女」の手助けも少し、必要になるかもしれません。

 

にこっとポイント

  • 夢中になって端から端まで読んでしまう絵本です。
  • ハロウィンの時期にぴったり。ハロウィンをより楽しむヒントも探してみてください。

 

(にこっと絵本 Haru)

おすすめの記事