PICK UP! ハロウィンとモンスターたち
つきのぼうや

『つきのぼうや』イブ・スパンク・オルセン作・絵、やまのうちきよこ訳、福音館書店、1975 amazon

夜空にのぼったおつきさま。あたりを明るく照らしながらふと下を見ると、池の中にもうひとりおつきさまがいるではありませんか。

おつきさまは、つきのぼうやに頼みます。「あの月を連れてきてくれないか。友だちになりたいのだ」と。

かごを下げて、元気よくかけおりていくつきのぼうや。星をけとばして、大きなわたぐもからも抜け落ちて、飛行機よりも下に下に―。

「あっ、おつきさまかな」と思うものにもいくつか出会ったけれど、違ったみたい。そして、海の底で、あるものを見つけておつきさまのところへ持ち帰るのでした。

おつきさまは、それを見て、どんな顔をしたのでしょう。大人も子どももほっとできるラストになっています。

縦長絵本で空から海へ

『つきのぼうや』では、空から海へ、下へ下へと降りていくつきのぼうやの場面の移り変わりが、効果的に描かれています。

一場面でなかなか描きにくい、下へ落下していく浮遊感や動きの経過を、35㎝×13cmという細長い絵本の形状で表現しているのです。

つきのぼうや_中ページ

そのため、つきのぼうやのさまざまなものたちとの出会いは、コミカルでまるで4コママンガを見ているようでもあり、子どもたちもわかりやすく読むことができるのです。

わたしの一番の友だちは「わたし」?

おつきさまは、水の中から来た月を見て、こう言います。「なんと りっぱで うつくしい かただろう!」

でも、実はこれ、手鏡の中のおつきさま自身なのです。

わたしたちは、自分を目の前にしたときに、「友だちになりたい」「なんて素敵!」と思えるでしょうか。

うーん…… 自信がない、という人もいるかもしれませんね。

でも意外と、自分を自分と切り離して、一人の人間として改めて見つめてみると、「ここが魅力かも」なんて気づけることがあるかもしれません。そうしたら、おつきさまのように、「とてもしあわせ」な気持ちになれるのではないでしょうか。

自分が、自分の一番の友だちになれたら、自分を信じて進んでいけるはずです。

わたしにとって『つきのぼうや』は、自分を肯定する力をつけていこう、と背中を押してくれるような、ほっとする絵本です。皆さんも、ぜひ秋の夜長に楽しんでみてください。

にこっとポイント

  • 空から海へとおりていく中で、つきのぼうやが出会うものたちがコミカルに描かれています。つきのぼうやと一緒に変わっていく景色を楽しめます。
  • つきのぼうやが海の底で見つけたおつきさまは、「かわいらしいおつきさま」でした。あなたが出会うのは、どんなおつきさまでしょう。自分のよさを見つける機会として、ぜひ手にとってみてくださいね。

(にこっと絵本 Haru)

おすすめの記事