PICK UP! うさぎの絵本

冬休みが終わって、新学期が始まりましたね。お正月ののんびり気分はどこへやら、また忙しい日々が戻ってきました。

のんびりゆっくり過ごした人にとっては、身体を元のペースに戻すのに、少し時間がかかるかもしれませんね。

さて、今日ご紹介する絵本は、コウくんが古い腕時計を見つけたところから始まります。

チキチキチキチキいそいでいそいで

『チキチキチキチキいそいでいそいで』角野英子文、荒井良二絵、あかね書房、1996 amazon

ギリルギリルと、ねじをまくと、時計は、「コッチリ ポッチリ コッチリ ポッチリ」と動き始めます。

コウくんも「コッチリ ポッチリ」と歩き、ご飯を食べ、眠ったのでした。

さて、次の朝のことです。

腕時計を見てびっくり。昨日と違って、チキチキチキチキと早い音を立てて動いているではありませんか!

時計のチキチキチキチキ、そのスピードに巻き込まれて、コウくんもお母さんもお父さんも、そして町中のみんなも、チキチキチキチキと大慌てで動き出してしまったのです。

いくらなんでも慌てすぎでしょ、と突っ込みたくなるお話なのですが、生活をしていると、いろんなことに巻き込まれて自分のペースを乱してしまうことってありませんか?

この作品を読むと、自分らしいペースについて、考えてみるきっかけにもなりそうです。

ユーモアあふれる角野さんの文章に、ユニークで温かい荒井さんの絵がマッチした、へんてこでおもしろい作品です。

にこっとポイント

  • 古い腕時計に合わせて、みんなが大慌てで動き出してしまうというお話です。
  • とにかくみんなが慌てているので、読むときもテンポアップがおすすめです。大慌て、ドタバタ感を聞き手に伝えたいですね。

(にこっと絵本 森實摩利子)

おすすめの記事