春の旅立ちにおすすめの絵本

ワニがいっぴき「ぎっひっひ」、手にスコップを持って、あなぼこをほりはじめました。

ワニあなぼこほる

『ワニあなぼこほる』石井聖岳、イースト・プレス、2010  amazon

「あなぼこ あなぼこ もっともっと。ぎっひっひ」と、ほりすすめていると、仲間のワニが大きなスコップをかついでやってきます。

どんどんほっていると、今度はショベルカーに乗ったワニたちもやってきて、あっという間に大規模な工事現場になっていきます。

ほってほってほり進めた末に、できあがったのは……?

ワニたちの勢いに圧倒される「あなぼこほり」

最初は一匹のワニがスコップでほり始めたあなぼこ。でも、気づくとあなぼこほりに協力するたくさんのワニ、ショベルカーやブルドーザー、クレーン車まで登場して、とても大きな建設現場になっているのです。……驚きです!

その展開スピードと、ワニたちの勢いに圧倒され、楽しみながら一気に読んでしまう絵本です。

どのページも、文字が大きく太字なので、読み聞かせもしやすくなっています。

途中、たくさんのワニたちが、同時にお昼ご飯を食べ、同時にいびきをかきながらお昼寝をするのですが、その場面が、子どもに特に人気です!

にこっとポイント

  • 展開スピードと、ワニたちの勢いに圧倒され、楽しみながら一気に読んでしまう絵本です。
  • 最後に、ワニがあなぼこをほっていた理由も分かり、すっきりとした気分になれます!
  • 工事の場面では、役割分担されたワニたちが描かれているので、一匹いっぴきに注目しても面白いです。

 

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事