PICK UP! 平和ってなに?を考える絵本

今夜はクリスマス。たくさんのごちそうに「おいしくって ほっぺたが おちそうだね、おかあさん!」とぼくが言ったら、「ほんとうねー おちそうねー」と答えたのは、なんとケーキ!

クリコ

『クリコ』シゲタサヤカ作、小学館、2021 amazon

そのケーキが言うには、自分がいれば毎日サンタさんが来てくれる、とのこと。それならば、ということで、家族の一員としてずっと一緒にいることになりました。

「あたいの なまえは クリコ。よろしくね!」

そんなふうに始まった「毎日がサンタさん」生活。でも、サンタさんから届くのは、いつもおかしな人形で……。

さて、ぼくの家族はどうなるのでしょうか? クリコって、いったい何者なのでしょうか?

『オニじゃないよ おにぎりだよ』(えほんの杜)など、ユーモアたっぷりで、おはなし会でも人気のシゲタサヤカさんの絵本ですが、驚きと笑いが最後まで続く『クリコ』も、クリスマスのおはなし会にぴったりです。

なんといっても魅力的なのは、クリコの強烈で奔放なキャラクター。いつも食欲旺盛で何かしらムシャムシャ食べているのですが、けだるい感じも漂わせています。

私なら、「クリコさん」とか「姉さん」とか呼びたい雰囲気で、「なーにいってんの」「あー はいはい」「ほんと おくさん、おりょうり じょうず!」なんて、普段の自分にない感じをノリノリに読むのは、とても楽しいです。

そんなふうに、にぎやかに大笑いした後、クリコが、家族みんなと雪降る夜空を見上げるラストシーンには、ほんわかあたたかな気持ちになりました。

…… うちにもちょっときてほしいな。

にこっとポイント

  • 先が読めない・勢いのある・笑える、クリスマスの絵本です。おはなし会にもおすすめです。
  • どんどん増えるお人形は、もしや……? 靴下の柄もまじまじ見てしまいます。
  • 大人数への読み聞かせのときには、カバーを外す方も多いと思いますが、本体にはない絵があるので、ぜひそちらも見せてあげてくださいね。お話とのつながりが感じられます。

(にこっと絵本 高橋真生)

おすすめの記事