PICK UP! 赤ちゃん絵本
ふたり

『ふたり』瀬川康男作、冨山房、1981 amazon

ねずみを狙うねこ。逃げるねずみ。

その攻防を、なんとこの絵本では、「◯◯り」の韻を踏んだ3文字だけで表現しています。

ダイナミックな動きとコミカルな展開に、思わずくすっとしてしまいます。

まるでけんかをする誰かさんたちを見ているよう!?

ちょっとのことでわーわーとけんか。かと思えば、いつのまにか一緒に遊んで笑いあっている。全国、いや世界中のきょうだいあるあるではないでしょうか。

この一週間、風邪ぎみの子どもたちと家にこもりきりだった私には、この絵本がわが家のきょうだいに見えてしょうがありません。

一緒に遊びたいのか、下の子にちょっかいを出して、かまってかまってとからんでいくのが、ねこならぬ姉。要領よくそれをいなしながら我が道をいく、ねずみならぬ弟。

そう思うと、なんだかこの絵本が愛しくて愛しくてたまらなくなってきます。

最後の「ふたり」がじんわり効いてくる、ユーモラスであたたまる絵本です。吹き始めた北風の、カイロがわりにいかがでしょうか。

にこっとポイント

  • まるできょうだいげんかを見ているような、ねことねずみの攻防を、韻を踏んだコンパクトなことばで最大限楽しめます。「◯◯り」ということばをもっと探したくなるようで、ことば遊びにも通じますね。
  • 石版画で描かれた美しい絵柄と、ユーモアたっぷりの動きと展開に、大人から子どもまで「にやり」としてしまうはずです。

(にこっと絵本 Haru)

おすすめの記事