PICK UP! ハロウィンとモンスターたち
おじいさんと10ぴきのおばけ

『おじいさんと10ぴきのおばけ』にしかわおさむ、ひかりのくに、2002 amazon

ある森のそばの家に、おじいさんが、一人で住んでいました。おじいさんは、年をとって、元気がありません。

そんなおじいさんのところに、古い友だちからプレゼントが届きました。それは、なんと10ぴきのおばけだったのです。

おじいさんは、おばけたちのために、ホットケーキを焼いてあげました。

おばけたちは、おじいさんの部屋をぴかぴかにしました。

おばけたちと関わるうちに、おじいさんはすっかり元気になって……。

おじいさんとおばけたちの素敵な関係

自分だけのためにはなかなか動き出せなくても、「大切な誰かのために」と思うと、自然と体も動くし、笑顔も増えていく― この物語のおじいさんも、おばけたちがやってくるまでは居眠りばかりしていましたが、10ぴきのおばけと暮らすうちに、いつの間にか、パワフルに動けるようになっていきます。

おじいさんが、おばけたちのために動くだけでなく、おばけたちもおじいさんのために行動します。

おじいさんとおばけたちが、お互いに想い合っていることが伝わってきて、とてもあたたかい気持ちになります。

ちなみに、おじいさんがホットケーキを作っている後ろで、おばけたちが、どんなことをしていのるか、部屋を掃除する場面の、それぞれのおばけの分担など、1ぴき1ぴきを詳しく見ても、楽しいです。

にこっとポイント

  • 年をとり元気のないおじいさんと、10ぴきのおばけの心あたたまる物語です。
  • どのページも、とってもかわいく描かれている、10ぴきのおばけにも注目です。
  • 『おじいさんと10ぴきのおばけ』は、「10ぴきのおばけ」シリーズの1冊目の絵本です。

(にこっと絵本 SATO)

おすすめの記事