PICK UP! 海と虫の絵本

古いアパートの管理人マクドナルドさんは、働き者。アパートをいつも居心地よくしています。

マクドナルドさんのやさいアパート

『マクドナルドさんのやさいアパート』ジュディ・バレット文、ロン・バレット画、ふしみみさお訳、朔北社、2009 amazon

けれど、住んでいるお部屋は1階の薄暗いすみっこで、部屋には光が差しません。おくさんが大事にしていたトマトの苗も、とうとうしおれてしまいました。

そこでマクドナルドさんは、窓の前の生け垣を取り払います。

元気になったトマトに気をよくしたマクドナルドさんは、いろいろな野菜を育て始めます。ついには牛まで飼うのですが、反面、住人たちは怒って次々と引っ越していきます。でも、マクドナルドさんはへっちゃら。アパートはいつの間にか農場になっていました。

そんな順風満帆な(?)マクドナルドさんが迎える最大のピンチは、アパートの持ち主にこのできごとがばれてしまったこと。すでに人間よりも野菜が好きになっていたマクドナルドさん、どうなる!?

マクドナルドさんの野菜と同じ!? いろいろと味わえる絵本

マクドナルドさんはいつだって一生懸命。

「やさいって ホントに かわいいな!」

今日もうっとりキャベツを見つめます。

そんなマクドナルドさんの姿を描く絵は、ちょっととぼけていて、どこかおしゃれ。ペンで描かれているのですが、野菜だけが色を施されていて、それがまわりを照らすようにほんのり明るくあたたかく、美しいのです。部屋の中なども細かく描かれていて、隅々までおかしみがあります。

また、どんどんエスカレートしていくマクドナルドさんの野菜愛には、子どもも大人もびっくりで、笑ったり顔を見合わせたり、ちょっぴりあきれてため息をついたり…… でも、なんとなく楽しくて、ドキドキすることが多いのではないでしょうか。

とはいえ私は、こんな風にも思うのです。

マクドナルドさんは、真面目で働き者だからこそ「普通」を軽々と飛び越えてしまったのかもしれない、と。そして、その「普通ではないこと」の受け入れ方も、本当にそれぞれなのだ、と。

ただのナンセンスではない、ピリッと辛口な味わいに、うならずにはいられません。

子どもたちも大好きな絵本ですが、もしかしたらはまってしまうのは大人の方かもしれません。

にこっとポイント

  • たっぷり楽しめるユーモアにピリッとした味わいがあって、小学生から大人まで幅広い世代におすすめしたい絵本です。
  • モノクロームのペン画に野菜だけが色をつけられているのが美しく、印象に残ります。
  • 小学生(大人数)への読み聞かせにもよく使われますが、細かいところにも遊びがあるので、手に取ってみるようぜひすすめてみてください。

 

(にこっと絵本 髙橋真生)

おすすめの記事